仔犬譲渡にあたって


  • オーナー様にドッグショー出陳やそれに伴うボーディングなどを強制・強要することはありません。
  • オーナー様のご愛犬を私の希望でドッグショーに出陳する場合、出陳料などはこちらで負担します。
  • オーナー様がご愛犬のドッグショー出陳を希望される場合、出陳料などはオーナー様の負担とさせていただきます。出陳は基本的に、同胎犬や当ケネル在籍犬と被らないよう調整します。
  • オーナー様がJKC主催のハンドリングコンペや試験にチャレンジを希望される場合、できる限りのバックアップをしますのでご相談ください。

 

*繁殖・転売をされる方はお断りします。

*下記の項目についてお知らせください。

 

①氏名・住所・電話番号

 

②家族構成

犬が苦手、嫌いという方が同居家族にいませんか?

 

③住居の状況

マンションだから、庭がないから、賃貸だからダメということはありません。マンション、賃貸の規則に沿っていれば問題ありません。庭があることより、環境や工夫が大切と考えています。

 

④他の動物の有無・種類

我が家では猫と一緒に飼っています。

 

⑤家族の皆さん(ペットも含む)健康に問題はありませんか?

家族の皆さんが健康であることはもちろんですが、先住犬が高齢、病気などで介護が必要な場合、仔犬との生活が先住犬の負担になる場合があります。そのような場合はご相談ください。

 

⑥犬がお留守番となるおおよその時間はどれくらいですか?

高齢者、ひとり暮らし、共働き、この先近い将来に家庭環境が変わる予定、お子様が生まれるご家庭などには基本的にお譲りできません。しかし、ペットシッターや犬の幼稚園、訓練所などの利用をお考えの場合、家族や親類、友人などの協力を得られる場合はご相談ください。

 

⑦ドッグスポーツはされますか?

アジリティ、ディスクなどのドッグスポーツに取組むことはとても良いと思います。ただ、犬に過度な負担をかけたり、幼少期から激しいトレーニングをされる方にはお譲りできません。

 

⑧お世話になっている訓練士さん、ドッグスクールなどありましたら教えてください。

 

⑨現在飼われているペットたちとどのような生活をされているのか教えてください。

 

仔犬の譲渡条件等

  1. 繁殖・転売をされる方はお断りします。
  2. 譲渡前後、数回に分けてプロの訓練士さんによるパピースクールを予定しています。自由参加ですが、きょうだいでレッスンするチャンスですので、なるべく参加していただきたいと思います。ドッグカフェでのレッスンも予定しています。
  3.  事前に見学に来ていただき、お話をさせていただけること。
  4. 仔犬譲渡の際、引取りに来ていただけるか、私が直接ご自宅まで届けに行くことができること。
  5. 犬が苦手、嫌いという方が同居家族におらず、生涯家族の一員としてかわいがってくださること。
  6. 愛犬と楽しく生活をするために、定期的なトレーニングを受けること。
  7. 狂犬病・混合ワクチン接種・フィラリア予防、ノミ、ダニ等の駆除を毎年実施すること-----各種ワクチンなどに対し、ご自身のお考えをお持ちの場合はご相談ください。
  8. 病気や怪我などの際、速やかに動物病院で診察を受けること。
  9. 万が一、先天性の疾患と獣医師に診断された場合、今後の研究と情報収集に協力していただけること。
  10. 家庭の事情で飼うことが困難になった場合、必ず連絡、相談すること。

 

パピースクールの様子